目標に合わせて学習開始時期を決める

 将来英語が話せた方がいいと思いながらも、まだ早いかな?と開始時期を悩んでおられる方はたくさんいらっしゃいますよね。英語はお勉強の習い事の部類に入るので、お子様が小学生以下の年齢だとまだ早いと開始を躊躇されるようです。

 しかし、幼稚園時期のレッスンは幼稚園で遊ぶ内容が英語でするというだけなので塾へ行くような気持ちではなく、遊び、または集団生活のルールを守る練習の場所などといったお気持ちで来て頂ければと思っております。

 集団生活のルールというのは、先生がいて自分が生徒である環境があることへの気づき、お友達が話している時は静かに聞く、自分の順番を待つ、自分の意思を伝えるなどです。

 語学学習は本来子供の得意分野です。大体9歳ぐらいまでは本能で学ぶので、言葉を話すための身体の器官が飛躍的に発達するのがそのぐらいの年齢です。

 その期間の学びをを存分に生かすためには、小さい頃から学ばせようというというのが理由で、0歳なんて小さな頃から英語教室に通わせたい方が多いのです。


 それでは、いつどのような器官が発達するかを簡単に箇条書きします。

こちらに書くことは、私が読んだ書籍の総まとめとなり、違う見解の方もいらっしゃいますのでご了承ください。個人差もあり、全員がこのように学ぶわけでもありませんので、時期はおおよその目安です。

胎児のころ 外の音が聞こえる、誰の声か聞き分けたりすることができる

生後2か月~9か月頃 母親の一方的な語り掛けにより、言葉の理解能力を養う。

6,7か月頃から語り掛けられた言葉に反応を見せる。

10か月頃 58語程度理解する。

 1歳頃~母親の言った事をオウム返しする。

 3歳まで 脳に言葉のチャンネルを作る。バイリンガルの人は、日本語チャンネル、英語チャンネルといったように必要に応じてスイッチを切り替える。

6歳頃~8歳頃まで 柔軟な言語習得機能を持っているので、歌やチャンツで楽しんでいるうちに自然に英語の音調を身につける。

9歳~ 言語習得の柔軟性がだんだんと失われる傾向にある。

そして、段々と英語で言われたことを100%理解しないと、推測して答えたり行動に移すこと

意味は分かっていても発話をしない「沈黙の期間」を誰もが持っているので、無理に発話させようとせず待っていてあげてほしい。

 

 

2017年08月22日